FC2ブログ
ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

私がわたしになれる本/テリー・コール・ウィッタカー/KKベストセラーズ
06-09-29-11_12_56.jpg

孤独に弱い人は、その苦痛をやわらげる必要性から、
自分の存在を誰かに認めてもらい、
賛同してもらいたいという気持ちが強くなります。

このあやまった衝動から、
あなたは自分がやろうとしていたことを変更し、
誰かが―誰でもいいから―自分を認めてくれ、
孤独感をいやしてくれないかと願います。

このとき、あなたは大切なことを忘れています。

わたしたちは魂のレベルでみな結ばれており、
大きなかたまりの一部なのだということを。


テリー・コール・ウィッタカー著, 玉置悟訳の『私がわたしになれる本』KKベストセラーズ)より抜粋させて頂きました。
すばらしい言葉ですね。

人の顔色を気にしない。
難しいことですね。

人から認めてもらいたい。
褒めてもらいたい。

そんな気持ちは誰でもあると思います。

でも、それを強く求め過ぎると、
知らず知らずの間に『認められるために』生きてしまうような気がします。

『人に認められたいなんて思わないで、己を貫くんだね。
 でなきゃ、自分を賭けてやっていくことを見つけることは出来ないんだ』


芸術家、岡本太郎さんの言葉です。

人の目が気になって、初めの一歩が踏み出せない。
そんな時もあるかもしません。

だけど、どうか勇気を振り絞ってください。
自分の本当の声に、耳をすましてください。

たとえ一時、何かを失ってしまうとしても、何かが壊れてしまうとしても、
どうか心配しないでください。

あなたが本当のあなたになろうと足を踏み出したその先には、
必ずあなただけの『自分を賭けてやっていくこと』の欠片があるはずです。

どんな時でも、あなたはあなた。
どこに行っても、あなたはあなた。

そんな風に思えば、心の中に小さな灯りが、ぽっと灯る。

そんな気がしませんか。

だから、元気にいきましょう。


人の目ばかりを気にするのはやめて、

自分の本当の声に耳をすまして、

元気に生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。