ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

超訳ヴィトゲンシュタインの言葉/白取春彦/ディスカバー その2
IMG_1549_th.jpg

みんなが歩き続けているからといって、
自分も歩調を合わせなくてもいいさ。

みんなが向こうを見ているからといって、
自分もそっちへ眼をむけなくてもいい。

立ちどまってもいいのさ。
立ちどまって、しゃがんで、自分の足元にある虫や花を見つめたってかまわない。

みんなに遅れたっていいじゃないか。
そうして、とってもたいせつな発見をすることだってあるのだから。


白取春彦編訳『超訳ヴィトゲンシュタインの言葉』(ディスカバー)より抜粋させて頂きました。
すばらしい言葉ですね。

周りを気にしない。
難しいことですね。

自分は自分。

わかってはいるけれど、どうしても心が曇ってしまう。
そんな時が、あなたにもきっと、あると思います。

立ち止まって、考え込んで、前に進めなくなってしまった時。
僕たちは、いったい、どうすればいいのでしょうか。

『いいですか
 いくらのろくてもかまいませんよ
 たいせつなことはね
 いつでも前をむいて
 自分の足で自分の道を歩くことですよ』


書家、相田みつをさんの言葉です。

あなたは、あなたに与えられたその道を、
前を向いて、元気に歩いていく。

それさえできれば、いいのかもしれません。

落ち込んでしまうことも、あると思います。
だから、いつもいつも、そんな風にはいられないかもしれません。

でも、雨の後には虹がかかるように、
辛いことがあったら、その分、後にはいいことがやってくる。

そう信じることなら、できるかもしれません。

どんなにゆっくりでも、構いません。
まっすぐ歩けなくても、構いません。

頼りなくても、構いません。
弱さを握りしめたままでも、構いません。

前を向いて、一歩、足を踏み出してみましょう。

そうして歩いた道の先には、
必ず、あなたにしか出会えない風景が待っている。

そよ風に吹かれて目を細め、
ここまで来たなと微笑むあなたに、きっと出会える。

そんな風に思えば、心にそっと、優しい風が吹き渡る。
そんな気がしませんか。

だから、優しい気持ちでいきましょう。


周りばかりを気にするのはやめて、

あなたのペースであなたの道を歩いて、

優しい気持ちで生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。