FC2ブログ
ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

読むだけで心がラクになる22の言葉/本田健/フォレスト出版
th_IMG_1180.jpg

人生では、自分の期待したものとは違うものがやってくることが多いわけですが、
それを楽しめるようになれれば、人生の達人です。

たとえば、あなたには、レストランで
オーダーした料理と違ったものが出てきた体験はありませんか?

そんなとき、頼んだメニューと違うと言わずにそのまま食べてみたらすごくおいしくて、
「これはこれでラッキーだったかも」と思ったりするものです。

これからは、人生で期待と違ったことが起きたとき、
「考えていたものとは違ったけれど、これはこれで楽しんでみよう」
と考えてみてください。

起きたことをひとまず受け入れてみると、
これまでとは違った世界が見えてきます。


本田健さんの『読むだけで心がラクになる22の言葉』(フォレスト出版)より抜粋させて頂きました。
すばらしい言葉ですね。

期待したものとは違うものが来たとしても、受け入れる。
難しいことですね。

これは、こうであるべきだ。
これは、こうでなければならない。

多かれ少なかれ、そんな風に思ってしまうことは、
きっと誰にだってあることだと思います。

でも、そんな気持ちを抱いてみたところで、
苦しい思いをするのは、結局は自分自身なんじゃないかと、僕は思います。

『人生はチョコレートの箱のようなものだったよ。
 何が出てくるか分からないからね』


映画『フォレストガンプ』(パラマウント映画)中のセリフです。

今、苦しいと思えることが目の前にあったとしても、
どうかそれがそのまま続くとは思わないでください。

それがきっかけとなって、
新しい何かが始まるかもしれません。

それがきっかけとなって、
大切な誰かと出会えるかもしれません。

長い道のりです。
何がどうなるかなんて、誰にもわかりません。

開けてみるまでわからないし、
開けた後もきっとわからないのでしょう。

だから、どうか一片に囚われないでください。

悲しみを悲しみのまま握りしめていては、
心はどんどん疲れていってしまいます。

だから、その手を広げてみてください。

そして、僕は僕に、あなたはあなたに、
与えられたこの人生に、ただ手を合わせましょう。

たとえどんなに深い傷だったとしても、
いつか必ず、癒える日がくる。

『あの時はまいったよ』と振り返れる日が、
きっとやってくる。

そんな風に思えば、心にそっと、優しい風が吹き渡る。

そんな気がしませんか?

だから、優しい気持ちでいきましょう。


悲しみを悲しみのまま握りしめるのはやめて、

あなたはあなたの人生にただ手を合わせて、

優しい気持ちで生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。