ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

500年たってもいい話/斎藤一人/PHP研究所
th_IMG_1024.jpg

幸せというのは、待っててくるものじゃない。
自分から幸せにならなくちゃいけない。

幸せとは気づくものなの。
だれかが来て幸せにしてくれるものじゃないの。

幸せになるコツというのは、
「こうなったら幸せ」「ああなったら幸せ」じゃないの。

まずは、今の現状を何も変えずに、幸せと思うこと。


銀座まるかんの創始者、斎藤一人さんの『500年たってもいい話』(PHP研究所)より抜粋しました。
すばらしい言葉ですね。

幸せに気づく。
難しいことですね。

日常の中にある幸せは、
どうしても見つけにくいものです。

どうしてでしょう?

今の自分をスタートラインにして、
そこから幸せを手に入れる。

そんな風に考えてしまうからかもしれません。

それもひとつの考え方だと思います。

でも、『僕たちはすでに、たくさんの幸せを手にしている』。
そんな風に考えることもできると思うのです。

『美しい景色を探すな。
 景色の中に美しいものを見つけるんだ』


オランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの言葉です。

もちろん、あなたが努力をして、何かを手に入れて、
それをあなたの風景に描き足すというのもすばらしい話です。

でも、それが叶わなかった時。
そんな時は、どうか今ある景色の中に美しいものを探してみてください。

必ず、見つけられると思います。
もしかしたら、いくつもいくつも見つかるかもしれません。

求めたものが手に入らなかったというのは、
悲しいことかもしれません。

でも、そのおかげですぐ近くにある幸せに気づくことができたのなら、
それもやはり、きちんと意味があって起こったことなのだと思います。

あなたの目の前には、
今どんな景色が広がっているでしょうか。

どんな風景だったとしても、構いません。
大きく両手を広げてみてください。

あなたの気持ちの持ち方次第で、
どんな時でもその風景には明るい陽射しが溢れてきます。

あなたの景色を一番輝かせることができるのは、
他の誰でもない、あなた自身。

そんな風に思えば、心に小さな灯が、ぽっと灯る。

そんな気がしませんか?

だから、元気にいきましょう。


『幸せ』を追い求めるのはやめて、

あなたはあなたの風景を輝かせて、

元気に生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。