ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと/原田真裕美/サンクチュアリ出版


努力というのは基本的に、努力したぶんだけ、なんらかの結果につながっていきますから、
なかなかおもうような結果が出なくても焦らないことです。

希望の種を植えて、精魂込めて育てているのに、
いつまで経っても花が咲かない。

そんなふうに感じるときは、
土の中で根っこを張り巡らせている時期と考えましょう。

そういう努力は根っこがしっかり定着して、適切な時期がくれば、
必ず開花するものだと思います。


原田真裕美さんの『あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと』サンクチュアリ出版)より抜粋させて頂きました。

すばらしい言葉ですね。

成果が現れない時でも自分を信じる。
難しいことですね。

努力の成果が表に出ている時は、
自分のやっていることに自信が持つことができると思います。

だけど反対に、それが見えない時には、
不安や迷いがいくつも胸を過ぎると思います。

それでは、そんな時に流した汗は、
一体どこに行くのでしょうか?

『成長を欲する者は、まず根を確かに下さなくてはならない。
 上にのびる事のみ欲するな。まず下に食い入ることに努めよ』


哲学者、和辻哲郎さんの言葉です。

表に現れなかった努力は、
あなたの『根っこ』が地中に伸びてゆくために使われていったのです。

ちょっとくらいの風に吹かれても、
ビクともしないように。

ちょっとくらい雨のない日が続いても、
遠くから水を取ってこれるように。

どんな努力も、あなたの中で何かを育ててくれた。

そんな風に思えば、苦しかった日々にも、
きっと、手を合わすことができる。

そんな気がしませんか?

だから、元気にいきましょう。


思いどおりにならないことを嘆くのはやめて、

自分の中で日々育っていく何かを信じて、

元気に生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

なんだかどこかで聞いたことのあるような意味の言葉を成功している人の言葉ではたくさん耳にします。人間が成功するための真理は表面的にはいろいろあるんでしょうけれども、根っこではひとつにつながっているのかもしれませんね。
ランキング押しときました。もしよかったらサイトにあそびにきてください。
【2010/10/08 02:21】 URL | キノッピオ #- [ 編集]

コメントありがとうございます。
キノッピオさん、コメントありがとうございます。
そうですね、すべてはつながっているんですね。
【2010/10/10 23:12】 URL | 自由人やま #ZTGLyrdM [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/10/29 22:20】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。