ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

不安を自信に変える練習帳/植西聰/集英社
20080415094507.jpg

少し欠けたところがあっても、
心に傷があっても、
そのままの自分を丸ごと愛してあげることはできるはずです。

自分のことを嫌っていたり、
バカにしたりしているうちは、
幸せな人生を送ることはできません。

自分を好きになるのに、
特別なきっかけはいりません。

あなたが、自分の中にある魅力を
認めさえすればいいのです。

自分を憎む気持ちを捨て、
ありのままの自分を受け入れることができれば、
あなたも自分を信じることが怖くなくなります。


植西聰さんの『不安を自信に変える練習帳』集英社)より抜粋させて頂きました。

すばらしい言葉ですね。

傷のある自分を受け入れる。
難しいことですね。

生きていれば、どうしたって『傷』はできます。
それは、どうしようもないことかもしれません。

でも、それを抱えながら歩いていくのは、苦しいことですよね。

『過去にしがみついて前進するのは、
 鉄球のついた鎖をひきずって歩くようなものだ』


アメリカの作家、ヘンリー・ミラーの言葉です。

あなたがどんなことに対して『痛み』を感じているのか。
それは僕にはわかりません。

でも、その傷はきっと、あなたに許されることを、待っています。

その傷は、あなたにいったい、
何を教えてくれたのでしょう?

必ず、意味があったはずです。

今すぐにわからなくても構いません。
でも、いつかきっと、わかる日がくると思います。

だから、後悔の鎖は断ち切って、
どうかあなた自身を、自由にしてあげてください

過去を許し、解き放った傷の数。
それこそが僕たちの『成長』のしるし。

そんな風に思えば、
心にそっと、優しい風が吹き渡る。

そんな気がしませんか?

だから、自由にいきましょう。


過去にしがみつくのはやめて、

いつかすべてわかる時がくると信じて、

自由に生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。