FC2ブログ
ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

運命の鏡/平池来耶/PHP研究所
IMG_0033_25.jpg

一人一人の魂は、それぞれに別の目的と、
それを活かすための独自の方法が与えられています。

あなたが才能を伸ばし、育てていく方法は、
人と違うかもしれません。

ですので、周囲のやり方に従うことが、
あなたにとって正しいとは限りません。

他の人に理解されなくても、
気にしなくて良いのです。

忘れてはいけないのは、自分を信じることです。
そして、上達のためにひたすら練習することです。

現時点では上手にできなくても、繰り返し練習すればするほど、磨きがかかり、
他の人より上手になったと思える日がくることでしょう。

あなたが最後までやり遂げたことは、やがて、多くの人々を助けます。
才能は、自分のためであると同時に、周囲の人々にも貢献していくものなのです。


平池来耶さんの『運命の鏡』PHP研究所)より抜粋させて頂きました。

すばらしい言葉ですね。

自分の中の『何か』を磨き続ける。
難しいことですね。

どんなことでも、はじめはきっと、
見向きもされないことだろうと思います。

誰も立ち止まってくれない中で歌い続けることは、
とても辛いことだと思います。

自分の中の『何か』は、
もしかしたら『本物』ではなかったのかもしれない。

そんな想いで立ち止まってしまうことは、
一度や二度ではないと思います。

そんな時は、どうか考えてみてください。

あなたはいったい何のために、
その『何か』と向き合い続けているのでしょうか。

『誰のためであれ、人生の重荷を軽くしてあげる人であれば、その人は無用の人ではない』

イギリスの国民作家、チャールズ・ディケンズの言葉です。

もしも。

誰かの肩を支えてあげるためだったとしたら。
誰かの痛みを拭ってあげるためだったとしたら。

誰かの心を温めてあげるためだったとしたら。
誰かの背中をそっと押してあげるためだったとしたら。

それは必ず、どこかで誰かの笑顔につながると思います。

『答え』を求めて、苦しんだ日もあったかもしれません。

でも、もしかしたら『答え』なんて
はじめからいらなかったのかもしれません。

自分のためだけに『答え』を探している間は、
結局は何も見つけられないのかもしれません。

誰かのために、自分の中の『何か』を差し出し続ける。

その先にはきっと、見たこともないようなまぶしい光景が広がっている。

そんな気がしませんか?

だから、優しい気持ちでいきましょう。


結果にばかりとらわれるのはやめて、

自分の中の何かが誰かの笑顔につながると信じて、

優しい気持ちで生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/04/05 14:28】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/04/27 12:10】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。