FC2ブログ
ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

マザー・テレサ 愛の花束/中井俊巳/PHP研究所 [No.3]
20070915140147.jpg

マザー・テレサは確信していました。

人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもなく、
自分はこの世で役に立たない不要な人間だと思いこむことだと。

そして、この世の最大の悪は、
そういう孤独な人に対する愛が足りないことなのだと。

(中略)

「あなたも、この世に望まれて生まれてきた大切な人ですよ」

この世に生まれた人は、一人ひとりすべて、
神さまから望まれて生まれてきた人だとマザー・テレサは考えていたのです。


中井俊巳さんの『マザー・テレサ 愛の花束』PHP研究所)より抜粋させて頂きました。

すばらしい言葉ですね。

自分自身を必要な人間だと信じる。
難しいことですね。

調子の良い時、波に乗っている時、
僕らはそう信じることができるかもしれません。

だけど、それはとてももろくて壊れやすいもの。

ほんの些細なきっかけで、
見失ってしまうことだって珍しくないと思います。

絶え間なく回り続けているこの世界。
僕たちは何を頼りにして歩いていけばいいのでしょう?

『他人が笑おうが笑うまいが、
 自分の歌を歌えばいいんだよ』


芸術家、岡本太郎さんの言葉です。

大切なのは、あなたがあなたに胸を張ること。

僕は僕なりに、
あなたはあなたなりに、
一生懸命生きた今日という日を大切に思う。

それでいいのかもしれません。

あなたの隣りを、駆け抜けるように前に進んでいった人も、
いたかもしれません。

それでも、あなたはあなたのリズムで、
あなたの好きなように、
あなたの歌いたい歌を歌っていれば、それでいいのでしょう。

誰もが通り過ぎていくように思える日も、あるかもしれません。
それでもどうか、歌い続けてください。

そんなあなたの歌声は、
いつか必ず、誰かの胸に響く。

そんな風に思えば、心も少し、軽くなる。

そんな気がしませんか?

だから、元気にいきましょう。


あなたはあなたの歌を歌って、

誰かの胸に響くその日を信じて、

元気に生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。