ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

自分の心をみつけるゲーテの言葉/一校舎比較文化研究会/永岡書店
20080611081642.jpg

精神的に自立していないのに
「自分を生きること」はできません。

自立とは自分の力で立つこと、
自分の足を自分の判断で進ませることです。

成功も失敗も大した問題ではありません。

「自分を生きること」こそが
成長のための試練であり、自然の摂理である、

若きゲーテはそう考え、自立へと踏み出したのです。


一校舎比較文化研究会編集の『自分の心をみつけるゲーテの言葉』永岡書店)より抜粋させて頂きました。

すばらしい言葉ですね。

春夏秋冬。

自然の季節は、勝手に流れていきます。
ほうっておいても、どんどん流れていきます。

だけど、『人生の季節』は自分で決断しないと変わりません。
何もしなければ、いつまでたっても何も変わってくれません。

多少の痛みは引き受けましょう。

そう覚悟を決めないと、
人生に節目は打てないのです。

自分の行きたい方向へ、自分の足で歩いていきたい。
きっと誰もがそんな風に願って今を生きていると思います。

そんな『理想』に近づいていくため、
僕らはまたひとつ、節目を打つのでしょう。

竹がいくつもの節目を打ちながら、
風雪を受け流し、しなやかに伸びていくように。

もし今、あなたが何か壁にぶつかっているように感じているとしたら、
それは、すばらしいチャンスかもしれません。

その壁を乗り越えた時、
あなたの中には新しい『節目』が生まれていて、
それまでてこずっていた風や雪も、上手にさばけるようになっている。

そんな風に思えば、心がずっと、
前向きになれる。

そんな気がしませんか?

だから、元気にいきましょう。


変わることを怖れるのはやめて、

向かい風だって成長のチャンスと受け入れて、

元気に生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。