FC2ブログ
ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

愛とは怖れを手ばなすこと/ジェラルド・G・ジャンポルスキー/サンマーク出版
17502576_2329781814.jpg

あるとき、夢の中で、
私は一人の人間と向かい合って座っていました。

醜くて、恐ろしくて、姿かたちは歪んで、
胸の悪くなるような人でした。

一瞬、逃げ出したくなりました。

でも、落ち着いて冷静になると、
その人と自分のあいだにものすごく強いつながりが見え、
そのつながりがいとおしく思えました。

すると、エゴが私に見せていた醜い幻想が薄れていき、まばゆい光がさしこみ、
誰も見たことがないような輝きと、神々しさと、けがれなさを浮かび上がらせました。

私は生まれてはじめて感じた純粋な愛をもって、
その人を抱きしめました。

その人は私の愛を受けとめ、二つの魂がとけあって、
歓びと一体感があふれました。

その人は私自身であり、私はその人でした。


ジェラルド・G・ジャンポルスキー著、本田健訳の『愛とは、怖れを手ばなすこと』サンマーク出版)より抜粋させて頂きました。

すばらしい言葉ですね。

そのままの自分を受け入れる。
難しいことですね。

うまく生きよう。
上手に生きよう。

そう願いながらも、
どうしてもそういう風に生きられない。

きっとたくさんの人が、
そんな苦しみを抱えて生きていると思います。

でも、少し、考えてみてください。
上手く生きることが、そんなに大切なことでしょうか?

どんな生き方でも構わないと、僕は思います。

あっちで転び、こっちでつまずき。
そんな人生でも、ぜんぜん構いません。

だって、つまずきながら成長していくのが、
『人生』というものなのですから。

切なくなるのは、きっと、
他の誰かと比べてしまうため。

でも、どんなにうまくいっているように見える人でも、
必ずどこかで痛みを抱えています。

だから、どうか自分の足跡だけ見つめてください。

ここまで生きて、あなたもきっと、
何度もつまずいてきたと思います。

でも、つまずいた後には、ちゃんと起き上がって、
また歩き出して、ここまで来たんですよね。

つまずいた数は、起き上がった数。

そんな風に思えば、きっと、
少しくらいは今の自分に胸を張れる。

そんな気がしませんか?

だから、元気にいきましょう。


他の誰かと比べるのはやめて、

今の自分をそのまま受け入れて、

元気に生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。