ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

弘兼憲史のアツイ人生論/弘兼憲史/中経出版
20080113132955.jpg

人生において一度もつまずかない人間というのはいない。

大きくつまずく場合もあれば、
小さくつまずくときもある。

つまずきの数だけ人間は大人になれるし、
やさしくもなれる。


島耕作シリーズを描く漫画家、弘兼憲史さんの『弘兼憲史のアツイ人生論』中経出版)より抜粋させて頂きました。

すばらしい言葉ですね。

つまずき。
嫌なことですね。

でも、つまずくことを過度に恐れていると、
知らず知らずの間に『つまずかないために』生きてしまうような気がします。

つまずきは、タイムロスに見えるかもしれません。
人に笑われてしまうかもしれません。

でも、つまずいて初めて足元に咲く小さな花に気付けたなら、
そのつまずきはあなたにとって、プラスだったということは間違いありません。

どんなつまずきにも意味があると思うし、
自分を育てる栄養にできると思います。

だから、つまずきを恐れる必要はないし、
過去のつまずきを恥じる必要もないと思います。

『手ごたえがあったり、そうだと思っていたらちがったり。そのくりかえしです』
日本の誇る大リーガー、イチローの言葉です。

もし、あなたが今、『つまずき』の最中にあるとしたら、
どうか忘れないでください。

もう少し時間が経てば、わかるということを。
その中にある『栄養』が、必ず見えてくるということを。

なかなか上手くいかない時も、
あるかもしれません。

でも、たとえ遠回りしてしまったとしても、
そこにはきっと、何か意味がある。

そんな風に思えたなら、
今よりきっと、もっと大きく、
もっとのびのびと生きていける。

そんな気がしませんか?

だから、元気にいきましょう。


つまずきを恐れるのはやめて、

もっと自由に心を弾ませて、

元気に生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。