ホーミタクエオヤシン
~ どういう風に生きれば、人は美しいのだろう ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

ありのままの美しい私になる一問一答/山口依乗/TOブックス


ひたすら後悔しても起こったことはとりかえしがつきません。

そこに執着して逡巡することなく前に進んで、
あの時はそういう縁でしかなかったと思うことができれば、
心が健やかになります。

避けられない定めだったのだと思えば、
自分のせいだと責めなくなります。

そういうふうに柔らかな心を
持ち続けてほしいと思います。


山口依乗さんの『ありのままの美しい私になる一問一答』(TOブックス)より抜粋させて頂きました。
すばらしい言葉ですね。

過ぎた日々を悔やまない。
難しいことですね。

『あの時、ああしていれば』。

そんな想いに苦しめられてしまうことが、
あなたにもきっと、あると思います。

でも、どんなに強く願ったとしても、
僕たちは後ろに戻ることはできません。

心を曇らせることなく後ろを振り返れるようになるには、
僕たちはいったい、どうすれば良いのでしょうか。

『与えられたる運命を、最もよく生かすということは
 人間にとって大事なことである』


小説家、武者小路実篤さんの言葉です。

何年経っても忘れられないような、
そんな悲しい出来事もあったかもしれません。

でも、それは『定め』だったんだと考えてみれば、
何かが変わるかもしれません。

あなたが強く大きくなるために、
その出来事は必要なことだった。

そんな風に考えて、そこから学べる何かを探していけたのなら、
僕たちはそれでいいのかもしれません。

あんな出来事から、いったい何を学べばいいんだと、あなたは言うかもしれません。

でも、どんなにひどい出来事だったとしても、
そこから何かをすくい取りたいと願ってみれば、
僕らは必ず、そうすることができます。

どうか、心を穏やかにして、こうつぶやいてみてください。
『この出来事から、自分はいったいどんなことを学べるのだろう?』。

そんな問いかけはきっと、あなたの悲しみを救い、運命をよく活かしてくれる。

そんな風に思えば、心にそっと、優しい風が吹き渡る。

そんな気がしませんか?

だから、優しい気持ちでいきましょう。


過ぎたことを悔やむのはやめて、

柔らかい心でそこから学べる何かを探して、

優しい気持ちで生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

幸せの道/斎藤一人/KKロングセラーズ その2


人って、人に憧れても、人にはなれないんです。
この自分と仲良くしていくしかないんです。

ある時は許したりね。
ある時は自分を励ましたり、がんばろうって言ったり。
今日はもういいよ、お前、休めよって自分に言ったりしながらね。

ほんとに、いつもいつも寄り添って自分と歩いていくしかないんです。
もう、誰もみんなそうなんです。
みんな、いとおしい存在です。


斎藤一人さんの『幸せの道』(KKロングセラーズ)より抜粋させて頂きました。
すばらしい言葉ですね。

自分と寄り添う。
難しいことですよね。

自分の不得意な部分ばかりが目について、落ち込んでしまう。
そんな時が、きっとあなたにもあると思います。

『どうして自分は、あの人のようにやれないんだろう』。

人と自分を比べても意味はないとわかっていながら、
気付けばまた自分で自分の心をチクチクといじめてしまっている。

自分自身にもっと優しくしてあげるには、
僕たちはいったい、どうすればいいのでしょうか。

『自分しか歩けない道を自分で探しながらマイペースで歩け』
紀伊国屋書店創業者、田辺茂一さんの言葉です。

自分しか歩けない道は、おそらく、すぐに見つかるものではないでしょう。
いつどこでどのように出会えるのか。
答えはきっと、僕らの力では及ばないところにあると思います。

だからこそ、あなたはあなたのペースで歩いていくことが大切だと思うのです。

上を見ないで、下を見ないで、横も見ないで、
あなたはあなたの道を一歩ずつ歩くことが、大切だと思うのです。

辛いことばかりのように思える時も、あると思います。
そんな時は、どうか、自分で自分をいたわってあげてください。

『今日も一日、よくがんばったね』。
そんな声を、かけてあげてください。

そんな人がいつでもそばにいてくれたら、
どんなにしんどい道のりでも、きっと、前を向いて歩いていける。

そんな風に思えば、心にそっと、優しい風が吹き渡る。

そんな気がしませんか?

だから、優しい気持ちでいきましょう。


自分以外の誰かを羨むのはやめて、

自分で自分を励まし、いたわり、寄り添って、

優しい気持ちで生きていきましょう。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
Check
人気blogランキングへ にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌



書籍のご案内


書名: ホーミタクエオヤシン3
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4864760292
ISBN-13: 978-4864760294
発売日: 2012/06/20


書名: ホーミタクエオヤシン1
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 460 + 税
ISBN-10: 4902218690
ISBN-13: 978-4902218695
発売日: 2011/09/30


書名: ホーミタクエオヤシン2
著者: 司馬 春風
価格: ¥ 500 + 税
ISBN-10: 4902218321
ISBN-13: 978-4902218329
発売日: 2010/12/30



プロフィール

司馬 春風

Author:司馬 春風
こんにちは。司馬春風です。
誰かの心を照らせるようにと筆を執っていますが、僕の文章をどこかで読んでくれている人がいると思うと、反対に自分の心が照らされていくような、そんな気持ちです。



メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
お便りお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:



アクセスカウンター



最新記事



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。